理想の住まい設計と土地探しは並行して

土地を購入してからそこに合った建物を建てるか、それともまずは理想の住まいを実現できる建物を考え、それに見合った土地を探すのか、誰もが思い悩むところでしょう。土地には建ぺい率や容積率といった縛りがありますので、その範囲内で建てられる住まいでなければなりません。先に建物をイメージしても、それに合った敷地を見つけることができなければ、結局は絵に描いた餅に終わってしまいます。こう考えると土地探しを優先すべきという結論になります。 しかし建物のプランが何もないままに敷地を手に入れても、いざ建物のプランを考え始めると、縛りが多すぎて希望の住まいが建てられないことがあります。先に建物のプランを出して、それに見合った敷地を手に入れていれば、このようなことは起こりません。希望の建物を建てられる土地が見つかるのは理想ですが、なかなかそうはいきません。更地の売り地は供給量が少ないので、理想の条件を満たした敷地を手に入れることは困難です。 つまり、どちらが先行しても上手くいかない可能性が高い、という結論になります。理想の住まいをプランニングしつつ、敷地探しも進めていく、というのが最も成功率が高い方法でしょう。建物のプランが近ければ、建築条件付という選択肢も増えます。

Copyright ©All rights reserved.土地を購入する前に考えるべきこと.