隣地が売りに出されたら土地活用のチャンス

所有する不動産物件に隣接する土地が売りに出されることがあります。更地でというと少ないかもしれませんが、建物と一緒に中古物件として売り出されることは珍しくないでしょう。将来二世帯住宅を考えているなら、いっそのことこの物件を購入し、隣同士で住むというのも1つの方法です。建物を取り壊せば将来建て替えの時に大幅な増改築が可能になりますし、間口が広がる分、駐車スペースを増やしても良いでしょう。放っておけば、見知らぬ他人が隣に引っ越してくることになります。 もちろん前述のような事情が一切なく、不要な土地であれば買う必要はありません。しかし隣地が売りに出される、というのは意外にもラッキーなことです。資金に余裕があれば、是非とも検討したいところです。問題は、更地ではなく建物も一緒に売り出されている状態で、土地だけがほしいという場合です。この場合、建物を取り壊す必要があります。取り壊し費用は決して安くはありません。建物がまだ充分使える状態なら、建物代も含まれていますので、実にもったいないことも事実です。 それでも将来的に活用のチャンスが広がると考えるのであれば購入するべきですし、その機を逃せば次はいつチャンスが巡ってくるか分かりません。

Copyright ©All rights reserved.土地を購入する前に考えるべきこと.